HOME » 【必読】レコードを売るための基礎知識 » 買取方法の種類と流れ

買取方法の種類と流れ

本ページでは、レコードを売りたいとお考えの方向けに、中古レコードの買い取りを依頼する方法の種類と、それぞれの流れや手順について解説していきたいと思います。

レコードを売りたい方は必見!中古レコードの買い取り依頼方法

依頼方法の種類といっても難しく考えることはありません。

大きく分けると、自ら店頭や事務所に持ち込むか、宅配便などで郵送するか、自宅に出張してきてもらうかのいずれかを選択するパターンになります。

加えてもうひとつ、スマートフォン全盛のご時勢を踏まえ、専用アプリをダウンロードし必要な情報や品物の写真を送ることで、予め正確にち化医査定額を算出してもらった上で、買い取りを依頼できるという新しいサービスも出現しています。

これらの方法について、より詳しく見ていきましょう。 

1.店頭や事務所への持ち込み

レコードに限らず、中古品の買い取りを依頼する場合に、もっとも古くからある方法であり、ある意味王道と言えます。
一般的には、持ち込まれたレコードをその場で査定し、金額に同意できれば、現金で支払われるという流れです。数量がさほどない場合には、一番てっとり早いと言えるでしょう。 

なお、トラブルや犯罪防止の観点から、免許証やパスポートなどの身分証明書提示が求められるようになっています。もうひとつ注意点として、実店舗を持たずネット通販を主体としている業者の場合、宅配や出張のみで対応し、買い取り窓口を設けていない場合もあります。

2.宅配便や郵送で依頼

ある程度まとまった数がある場合や、店舗が近くにない場合などに重宝するのが、宅配便や郵送での依頼です。
専用の梱包キットが用意されていて依頼に応じて送付されてくるという方式が近年増えています。ただし業者によっては、依頼者で独自に梱包したものでも受け付けているようです。流れとしては、依頼に応じて送られてきたキットに商品を詰めて発想。査定額が電話やEメールなどで通知され、同意した場合に銀行口座に料金が振込まれるという仕組みです。

注意すべき点としては、利用に際して「○○枚以上」という条件があるか否か、送料は着払いなのか依頼者が負担なのか、そして査定に納得できない場合の商品の返送料金はどちらが負担するのかなどを予め確認しておくべきです。

3.出張訪問を依頼

大量の枚数があり、かつその場で査定し、現金で払ってもらいたいという場合にうってつけの方法です。
ただし、業者によっては、量によっては持ち帰って査定、後日振込となる場合もあるようです。
また、出張を依頼できる条件やエリアについても、業者によって基準が異なります。枚数やジャンルによっては対応していないというケースも有り得ますので、依頼時にしっかり確認しておきましょう。

4.専用アプリを利用

簡単に言えば、郵送での依頼を一歩進めた方式という感じです。スマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロード。
その上で、売りたいレコードとその状態の写真を撮影し、必要事項を入力して送信すると、おおよその査定額が返信されてきます。 

本査定の前に予め金額を知ることができ、依頼後に査定額に納得できず売買不成立となってしまうケースを予め防ぐことができる、画期的なサービスと言えるでしょう。
注意すべきは、アプリ査定と本査定の差異がどれくらいになるかという点です。鑑定に長けたスタッフが担当しているかどうかが鍵と言えるでしょう。

売るならドコ?レコード買取業者おすすめランキングはコチラ