HOME » 【必読】レコードを売るための基礎知識 » 高額で売るためのコツ

高額で売るためのコツ

本ページでは、アナログコードや古いレコードの買い取りにおいて、高額査定を得るために留意しておきたいポイントについてご紹介していきたいと思います。

高額買い取りのコツ「アナログコードや古いレコード」の場合は

レコードに限ったことではなく、中古品を買い取りに出す場合すべてに言えることですが、売りに出す商品の状態によって、買い取り価格というものは大きく左右されます。

例えばビートルズのアルバム『リボルバー』が2枚あったとします。ひとつは未開封・未使用でジャケットの日焼けもなし。

もうひとつは、長年つかいこんで、ジャケット、盤面ともにヤレている。

どちらが高額になるかは言うまでもありませんね。これはいささか極端な例ですが、つまりはそういうことです。では、それを踏まえた上で、より具体的なポイントを見ていきましょう。

初回盤・限定版など

同じタイトルで同等のコンディションの場合、初回盤の方が高くなる期待がもてます。
また限定盤や、数量限定生産盤、希少なタイトルなども然りです。

コンディション

買った時(新品)の状態に近ければ近いほど、より高額な査定が望めます。
未開封品などのコレクションなどはその筆頭に挙がります。また、使用状況・保管状況も重要です。
音飛びする、しないに関わらず盤面に傷や汚れのあるもの、カビが生えているものはマイナス査定となってしまいます。

帯つきか否か

アルバムなどLP盤の場合、帯がキチンと付いているとプラスポイントになります。
逆に盤面自体が良コンディションであったとしても、•ジャケットや歌詞カード(ライナーノーツ)に汚れがあったり、折り目がついてしまっていたり、書きこみがあったりした場合は言うまでもなくマイナス評価となってしまいます。

特典や付属品が揃っているか

レコードに特典や付属品などがついている商品の場合、当然それらが揃っていれば、より高額査定が望めます。
もちろん、盤面・特典ともに未開封であれば最高値が期待できます。次いで盤面は使用しているが良好なコンディションで保たれており、なおかつ特典が未開封なもの。
そして、盤面・特典とも開封済みだが、ちゃんと揃っているが3番手に続きます。 

以上の通り、レコードの買い取りで高額かどうかは、とどのつまり、どれだけ新品で購入した時の状況に近いかどうかできまります。

ただし、レコードという商品の性質上、もうひとつ、楽曲やジャンル、アーティストの人気といった要素が絡んでくるのが、奥が深いところです。

この点については「お宝があるかも?!中古LPの買取相場」の各ページも併せてご覧ください。

売るならドコ?レコード買取業者おすすめランキングはコチラ